トップへ戻るニュースフォーラムFLASH-ML 過去ログBak@Flaダウンロードよくある質問と答
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
メイン
   迷える子羊の部屋【初心者専用】
     Internet Explorerで確認すると動きがぎこちなくなるのはなぜ?
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
ゲスト
Åê¹ÆNo.9065
投稿日時: 2004-7-12 22:56
Internet Explorerで確認すると動きがぎこちなくなるのはなぜ?
こんにちは。macG4のOS9.2.2下でMXを利用しています。
メニューボタンが移動してきて定位置に収まる、というムービー(40フレーム)を作りInternet Explorer(mac)で動かしてみたのですが、途中で一度ひっかかるように止まってしまいます。
重いのだろうか、ともちろんすぐ考えたのですがMX上のプレビューでは背景に配置したビットマップが登場するフレームが一番重く(23K)、ひっかかるのはその後20フレーム後の小さな部分でした(273B)。この場合アッという間にプリローダーが100を示すのですが、動きは問題無いのです。
MX上で「ストリーミングを確認」してみると今度は25K全てを読みこむまで暫く待ってから作動しています。

大御所のブラウザだけに無視できず、といってどこを軽量化すればよいのかほとほと悩んでおります。調べもしたのですが納得いく答えを探せずにおります。
お知恵を拝借したく、お願い申し上げます。
たなか まり
Åê¹ÆNo.9117
投稿日時: 2004-7-14 1:40
モデレータ
居住地: 北国
投稿: 64
使用環境:
2004 3.2 MacOS9.0.4+Flash4
Re: Internet Explorerで確認すると動きがぎこちなくなるのはなぜ?
「その後20フレーム後の小さな部分」
に、なにか怪しいものは隠れていませんか?
そこには何を置いていますか?

そのムービーをWeb上で見られるようにすると、他の方もアドバイス
しやすくなるんじゃないかと思います。

あと、御自分の編集環境は、プロフィールにも記入しておいてくださいね


----------------
まりた@たなかまり

ゲスト
Åê¹ÆNo.9128
投稿日時: 2004-7-14 11:30
Re: Internet Explorerで確認すると動きがぎこちなくなるのはなぜ?
たなか様 ご返信ありがとうございます。
データをWeb上にアップし、プロフィールも変更しておきました。
ご指摘ありがとうございます。下記にデータを配置いたしました。
よろしかったらご覧ください。

http://www6.ocn.ne.jp/~jagamaru/Flash.html

Internet Explorer上で一番先に見えるTOPへのメニューボタンが少しだけ頭を出した状態でいったんひっかかるようになるのです。
このひっかかるように見える部分のフレームには背景のBMP画像と(ムービークリップにしました)このTOPへのメニューがワクの左から入ってきて3フレームほど、の部分にあたります.
このボタンは全てトゥイーンさせています。他にはフレームのデータは無いのですが、タイムランには他メニューボタンの数だけレイヤーがあり追随するようにしています。

BMPが悪いかと思い外して確認したのですが、結果は同じでした。
数値上では一番重いのはBMPが登場するフレームです。
メニューボタンのトゥイーンを作るときに「グループ化されていないオブジェクトを含むレイヤーまたは複数のシンボルを含むレイヤーはモーショントゥイーンが行われない」というダイアログが出ているのですが、これが何か影響しているのでしょうか。

再度作ってみようと思っていますが、何とか問題解決の糸口を見つけたいと熱望しております。
rin-ko
Åê¹ÆNo.9131
投稿日時: 2004-7-14 13:55
職人
居住地: 東京
投稿: 397
使用環境:
MacOSX10.5/10.4
WinXP SP3
MX2004Pro/CS3
Re: Internet Explorerで確認すると動きがぎこちなくなるのはなぜ?
jaguarさん、こんにちは。
サンプルを拝見しましたところ、確認できました。
MacOS8.6、IE5.1、FlashPlayer7.0r19です。
Macの音を聞いただけですが、TOPのメニューボタンが出かかると、どうも処理にパワーを使いはじめてるみたいです?。
「グループ化されていないオブジェクトを含むレイヤーまたは複数のシンボルを含むレイヤーはモーショントゥイーンが行われない」
というのは、その通りです。トゥイーンの対象が複数なら、レイヤーを分ける必要があると思います。
なので、「これが何か影響している」可能性はあると思います。
ここの部分の構造が詳しくわかると、もう少し検証できるのではないでしょうか?

ところで、ファイルの重さを気になさっているようですが、表示が遅くなるのはファイルサイズよりも描画にパワーを要するためということが多いです。
たとえば、複雑なシェイプトゥイーンやアルファやグラデーションの多用などですね。ファイルサイズが重くなりやすいビットマップ画像ですが、むしろ画面描画に関しては速く処理できるほうですよん。
たなか まり
Åê¹ÆNo.9134
投稿日時: 2004-7-14 15:31
モデレータ
居住地: 北国
投稿: 64
使用環境:
2004 3.2 MacOS9.0.4+Flash4
Re: Internet Explorerで確認すると動きがぎこちなくなるのはなぜ?
私もMacOS9.0.4+IE5.0、FlashPlayer7.0r19、マシンはPowerBookのG3 500で見て再現されました。

メニューの文字は「_ゴシック」か何かのデバイスフォントですよね?
デバイスフォントを表示させる時に、OS9はかなり負担がかかるようですので、メニューの文字をOsakaなどの通常のフォントに変えてパブリッシュして、一度動かしてみてください。それでスムーズになるなら、デバイスフォントの使用はやめた方がいいかもしれません。
ちなみにOSXのIE5.2.3、G4 1.25Dualでは現状でもスムーズに動いています。

rin-ko さんがおっしゃっているように、シンボル化されていない何かが悪さをしている可能性もあります。

あと、背景のフェードインに、「アルファ」を使っていませんか?白い背景からなら、カラー効果の「明度」を100%近くにして、そこからフェードインしてみたらどうでしょう。


----------------
まりた@たなかまり

ゲスト
Åê¹ÆNo.9135
投稿日時: 2004-7-14 15:36
Re: Internet Explorerで確認すると動きがぎこちなくなるのはなぜ?
rin-koさんアドバイスありがとうございます。
ボタンごとにレイヤーは分けているのですが、ボタンに乗っているテキスト部分はボタンのクリップ上でシェイプ化しても変化がありませんでした。
当方も唐突に「ウゥーン…!」とハードが勇みだして、そこで動画がひっかかる、という始末になっています。

ボタンのMC
青くなるオーバー設定
 ↓
テキストをのせてBT
 ↓
メニュー数ぶん作成してタイムラン上にそれぞれをレイヤー分けして配置。左から右へトゥイーンモーション。

タイムラン上ではレイヤーは8つほどあります。
rin-ko
Åê¹ÆNo.9147
投稿日時: 2004-7-14 20:05
職人
居住地: 東京
投稿: 397
使用環境:
MacOSX10.5/10.4
WinXP SP3
MX2004Pro/CS3
Re: Internet Explorerで確認すると動きがぎこちなくなるのはなぜ?
まりたさんが指摘なさっているフォントの変更や背景の明度調整によるフェードインは、試してごらんになりましたか?
背景フェードインをインスタンスのアルファ値変更で行っている場合、その処理とボタンのトゥイーン処理とが重なって一時的に描画が遅くなるのかもしれません。大画面のアルファ変更は遅くなりがちです。Flashを拝見してると、なんとなくですが、フェードインが一段落するまでボタンが待ってるっぽいです。
背景のフェードインが終わってから、ボタンを登場させた場合はどうでしょうか?

ここの意味がわかりづらかったのですが、ボタンの構造はどんな感じでしょう?
引用:
ボタンに乗っているテキスト部分はボタンのクリップ上でシェイプ化しても変化がありませんでした。

トゥイーンの設定は、位置/サイズ?の変更のみですか?
グラデーションの矩形とフォントの他に、構成要素はありませんか?
私もすごく詳しい人じゃないので、あんまり的確なことを言えなくてごめんなさい。
処理が遅くなる要因については、こちらのスレッドが参考になるかと思います?。
ゲスト
Åê¹ÆNo.9149
投稿日時: 2004-7-14 20:31
Re: Internet Explorerで確認すると動きがぎこちなくなるのはなぜ?
まりたさん、rin-koさんたびたび有り難うございます。

ボタン上に使用したフォントはosakaを使用したかと思うのですが、勘違いかもしれません。作り直す時に気を付けて確認しようと思います。実は勧告のダイアログが出たときに、ボタン上にあるテキストフォントが問題なのかと迷い、分解をかけてシェイプ化したのです。他には何も構成要素がありません。動画としてはとても単純なものだと思うのですが…。しかしマシンによってはmac環境でも問題なく閲覧できるという事を伺い、問題が絞り込めそうで少しほっとしています。

背景はおっしゃるとおりアルファ値で調整していました。明度で調整を行い、場合によってはフェードインが終わってから、という構成の変更は私には思いつきませんでした。
ありがとうございます。修正を噛み直しながらやってみます。

処理速度のスレッドも参考になりました。ご紹介ありがとうございます。
マワタリ
Åê¹ÆNo.9150
投稿日時: 2004-7-14 20:38
新米
居住地: 福岡
投稿: 12
使用環境:
WinXP(sp2),FlashCS3
Re: Internet Explorerで確認すると動きがぎこちなくなるのはなぜ?
win2000 IE6 flashplayer7,0,19,0(Athlon2500,Memory1G)
にて見てみましたが、スムーズそのものです。

私も以前ひっかかりを経験したことあるのですが、そのときも
原因はわかりませんでした。
参考になるかどうかわかりませんが、
その時は新しいファイルを作って1から同じものを作り直すと
解決しましたw
結構この方法はおすすめですよw
ゲスト
Åê¹ÆNo.9151
投稿日時: 2004-7-14 21:29
Re: Internet Explorerで確認すると動きがぎこちなくなるのはなぜ?
マワタリさん ありがとうございます。
そうですか、Windows環境ではスムーズなのですか。
根本的な解決にはならないかも知れませんが、私も1から作り直すことになりそうです。再考の過程で何か答えをひもとくことが出来れば、とは思いますが私の腕前では高望みしすぎかもしれません(+д+)。とにかくやってみます。新しいデータをアップできたらば、ご報告を差し上げられる事ができるかもしれません。
(1) 2 3 4 »
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
Copyright (C) 2003 FLASH-japan. All rights reserved.
Powered by Xoops